緘口(読み)カンコウ

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐こう【緘口】

〘名〙 口を閉じてものを言わないこと。緘黙(かんもく)
※殉死(1967)〈司馬遼太郎〉要塞「ロシア軍は旅順については厳重に緘口してきており」 〔耶律楚材‐和張敏之詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android