コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カン

デジタル大辞泉の解説

かん【×緘】

とじること。特に、手紙・書類などの封じ目。また、そこに書く文字。

かん【緘】[漢字項目]

[音]カン(呉)(漢) [訓]とじる
封をする。封じ目。「封緘
口を閉じる。「緘黙

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かん【緘】

とじ目。封じ目。また、封筒のとじ目に書きつける文字。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

緘の関連キーワード帆筒締め縄・帆筒締縄片岡仁左衛門(7代)光エレクトロニクス並木五瓶(初代)尾上新七(初代)お万・源五兵衛おまん源五兵衛小万/源五兵衛選択性緘黙症五大力恋緘今様薩摩歌信書開封罪盟三五大切選択無言症江見 水蔭落合直文書替狂言古文書学辛抱立役保護預り

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android