コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カン

デジタル大辞泉の解説

かん【×緘】

とじること。特に、手紙・書類などの封じ目。また、そこに書く文字。

かん【緘】[漢字項目]

[音]カン(呉)(漢) [訓]とじる
封をする。封じ目。「封緘
口を閉じる。「緘黙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かん【緘】

とじ目。封じ目。また、封筒のとじ目に書きつける文字。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

緘の関連キーワード片岡仁左衛門(7代)帆筒締め縄・帆筒締縄並木五瓶(初代)尾上新七(初代)お万・源五兵衛おまん源五兵衛小万/源五兵衛選択性緘黙症江見 水蔭選択無言症信書開封罪五大力恋緘信書開披罪今様薩摩歌盟三五大切保護預り辛抱立役並木五瓶操業短縮落合直文

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android