コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

編/篇 ヘン

デジタル大辞泉の解説

へん【編/×篇】

[名]
首尾の整っている詩文。
書物・文章や演劇などの部分け。「後の―で言及する」「青春―」
いくつかの文章を集めて1冊の本にすること。編纂(へんさん)。「国語学会―」
[接尾]助数詞。上に来る語によっては「ぺん」となる。
詩歌・文章、また書物などを数えるのに用いる。「詩二―」
書物を内容からいくつかに部分けしたとき、その部分の数、あるいは順序を示すのに用いる。「浮雲第二―」

へん【編】[漢字項目]

[音]ヘン(呉)(漢) [訓]あむ
学習漢字]5年
糸でとじて書物を作る。文章を集めて書物に仕立てる。「編纂(へんさん)編者編集編著共編新編
組み合わせてまとまった形に仕立てる。「編曲編成編制編隊編入改編再編
書物のとじ糸。「韋編(いへん)
(「」の代用字)一まとまりの文章。書物。また、書物の部分け。「佳編詩編前編続編短編長編雄編
(「」の代用字)詩文を数える語。「千編一律」
[名のり]つら・よし

ぺん【編/×篇】

[接尾]へん(編・篇)」に同じ。「三―からなる歌曲」「浮世床全三―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

編/篇の関連キーワード善知鳥安方忠義伝娘太平記操早引いわゆる債権法流れ橋殺人事件ニットウェアメリヤス編機類聚神祇本源滑稽和合人神の守り人大日本史料上編・上篇小学唱歌集編尾・篇尾メリヤス機続編・続篇国盗り物語平安遺文聖書索引浮世風呂人生劇場

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android