コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

編糸 あみいとknitting yarn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

編糸
あみいと
knitting yarn

メリヤス製品 (ニット製品) をつくるのに使用する糸。種類は綿糸,毛糸,絹糸,スフ糸,人絹糸,合成繊維糸など広範にわたるが,綿糸が通常よく用いられる。メリヤス製品は柔らかくふっくらとして弾力性に富むが,これに使う編糸も普通の糸に比べるとよりが少くて,ふっくらとした感触をもっている。なお,手編みに使う糸を手編糸として区別する場合もあるが,これは通常,毛糸が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あみ‐いと【編(み)糸】

編み物に使う糸。毛糸やレース糸など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone