緩衝作用(読み)かんしょうさよう(英語表記)buffer action

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緩衝作用
かんしょうさよう
buffer action

溶液に酸または塩基を加えた場合に起る水素イオン濃度の変化をやわらげる作用。一般に弱酸とその強塩基との塩,または弱塩基とその強酸との塩の混合溶液では,緩衝作用が著しい。弱酸 HA とその塩 BA の混合溶液の緩衝作用は,次のように説明される。 HA は HA⇔H++A- のようにわずかに解離するが,一方 BA は強電解質であり,完全に解離して BA→B++A- となるから,この混合溶液中の A- の濃度は塩 BA の濃度によって決ると考えてよい。この溶液に外から H+ が加えられると,加えられた H+ は HA となって除かれるから溶液の水素イオン濃度はほとんど変化しない。また反対に OH- が加えられると,溶液中の H+ は中和されて除かれるが,HA が解離して再び H+ が生じるので,溶液の水素イオン濃度はほとんど変化しない。 (→緩衝溶液 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

緩衝作用

 水素イオン水酸化物イオンが流入したときにそれに応答してその濃度を減少させる作用.弱酸はヒドロキシルイオンの流入時にそれを減らす作用を示し,逆に弱塩基は水素イオンが流入したときにそれを減らす作用を示す.酸性塩,塩基性塩も同様の作用を有する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android