弱酸(読み)ジャクサン

大辞林 第三版の解説

じゃくさん【弱酸】

水溶液中での電離度が小さい酸。生成する水素イオンの濃度が小さい。酢酸・ホウ酸など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゃく‐さん【弱酸】

〘名〙 電離度の小さい弱電解質の酸。溶けている全量の一部分しか電離せず、また水酸イオンを取る力も弱い。酢酸・炭酸・硼酸など。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弱酸の関連情報