コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練条機 れんじょうきdrawing frame

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

練条機
れんじょうき
drawing frame

紡績機械の一つ。工程の前段階で繊維の塊を分解し,雑物や短繊維を除き,繊維をそろえ,紐状のスライバにしたものを,数本ずつ集めてさらに太さを均一にし,次の工程である粗紡機に供給する役割を果す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れんじょうき【練条機 drawing frame】

紡績工程のカードまたはコーマーで作ったスライバー(篠(しの))を数本平行に並べて(ダブリングという),表面速度の異なる上下1対のローラーの間で引き伸ばし(ドラフト),均一で繊維が平行に伸ばされたスライバーを作る機械(図)。綿紡では6~8本のスライバーを供給し,3~4対のローラーの間で6~10倍のドラフトを与える。次に絞られて1本のスライバーとなり,大きなものでは直径50cm程度のケンス(円筒容器)にコイル状に収容される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

れんじょうき【練条機】

紡績工程で、スライバー(篠しの)を均一にする機械。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

練条機の関連キーワード鹿児島紡績所紡績機械綿紡績

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android