コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗紡機 そぼうきroving frame

3件 の用語解説(粗紡機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粗紡機
そぼうき
roving frame

紡績機械の一種。練条機でつくられたスライバ呼ばれる太い繊維束を引伸して (ドラフトして) 細くするとともに,あまい撚 (よ) りを与えて粗糸とし,巻取る工程に用いられる。この工程でつくられた粗糸は精紡機に掛けられて糸になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

粗紡機【そぼうき】

紡績工程のうち,スライバー(太い繊維束)をさらにひきのばし,軽く撚(よ)りをかけてローブ(粗糸)にする機械。始紡機・間紡機・練紡機・細練紡機などがあるが,現在は始紡機・間紡機を一つにした単紡機のみを使うのがふつう。
→関連項目繊維機械紡績

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そぼうき【粗紡機 fly frame】

紡績工程で練条スライバー(短繊維束)を細くし,軽く撚り(より)をかけてボビンに巻き取り,精紡機にかけられる太さの粗糸(ロービングroving)を作る機械。繊維束が細くなると伸ばされたり,切断しやすいので,最小限度の撚りをかけて巻き取る。これをしの巻という。粗紡機には,(1)始紡機,(2)間紡機,(3)練紡機,(4)細練紡機などがあり(構造はいずれもほぼ同じ),昔はふつう(1)~(3),細糸には(1)~(4)が使用されたが,最近では粗紡機,精紡機のドラフト(細くする割合)を大きくし,(1)(2)を一つにした単紡機のみを使用する場合が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone