コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗紡機 そぼうき roving frame

3件 の用語解説(粗紡機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粗紡機
そぼうき
roving frame

紡績機械の一種。練条機でつくられたスライバ呼ばれる太い繊維束を引伸して (ドラフトして) 細くするとともに,あまい撚 (よ) りを与えて粗糸とし,巻取る工程に用いられる。この工程でつくられた粗糸は精紡機に掛けられて糸になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

粗紡機【そぼうき】

紡績工程のうち,スライバー(太い繊維束)をさらにひきのばし,軽く撚(よ)りをかけてローブ(粗糸)にする機械。始紡機・間紡機・練紡機・細練紡機などがあるが,現在は始紡機・間紡機を一つにした単紡機のみを使うのがふつう。
→関連項目繊維機械紡績

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

そぼうき【粗紡機 fly frame】

紡績工程で練条スライバー(短繊維束)を細くし,軽く撚り(より)をかけてボビンに巻き取り,精紡機にかけられる太さの粗糸(ロービングroving)を作る機械。繊維束が細くなると伸ばされたり,切断しやすいので,最小限度の撚りをかけて巻き取る。これをしの巻という。粗紡機には,(1)始紡機,(2)間紡機,(3)練紡機,(4)細練紡機などがあり(構造はいずれもほぼ同じ),昔はふつう(1)~(3),細糸には(1)~(4)が使用されたが,最近では粗紡機,精紡機のドラフト(細くする割合)を大きくし,(1)(2)を一つにした単紡機のみを使用する場合が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

粗紡機の関連キーワードドラフト紡績工業練条機開綿開毛梳綿紡績落綿紡績機械ターボステープラー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone