コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練貫/練緯 ネリヌキ

デジタル大辞泉の解説

ねり‐ぬき【練貫/練緯】

縦糸に生糸、横糸に練り糸を用いた平織りの絹織物。練り。
練貫酒」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ねりぬき【練貫】

元来は生緯(きぬき)に対して,精練した緯糸をさす語であるが,特に経に生糸,緯に練糸を使用して平織にした絹織物の呼称として用いられる。練緯とも書く。小袖の地質に最も広く活用されたのは室町・桃山時代のころで,現存する〈辻が花〉や〈繡箔(ぬいはく)〉,小袖などは大部分この地合いによっている。江戸時代以降には女性の小袖は綸子地や縮緬地のものが顕著となり,練貫地はほとんどみられなくなるが,男子の用いる熨斗目(のしめ)小袖はこの種の織物である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

練貫/練緯の関連キーワード練り酒・練酒・煉り酒縫う・繍う・繡う練貫・練緯庭訓往来練り酒紅格子練貫縅ね文字牡丹織筋練酒片色腰巻

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android