繡箔(読み)ぬいはく

世界大百科事典 第2版の解説

とも書き,能装束では縫箔の文字のみを使う。刺繡(ししゆう)と摺箔(すりはく)で加飾された染織品。両技法の併用は,すでに平安時代に女房装束などを中心に行われたと考えられるが,古例の遺品は室町時代末から桃山時代初期のものである。たとえば《四季草花文様繡箔小袖》(重要文化財,京都国立博物館)は梅,藤,雪持笹と四季の植物を繡(ぬ)い,文様の地間に金箔を捺(お)す。また《雪持葭に水禽文様小袖》(重要文化財,岡山美術館)は繡文様の間隙金銀の箔を摺(す)る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の繡箔の言及

【刺繡】より

…また色糸には紅糸濃淡を圧倒的に多量に用いる。こうした摺箔との併用による,いわゆる繡箔(ぬいはく)は,慶長年間(1596‐1615)に最盛期を迎える。 江戸時代初期になると一転して小さな文様が集合し,暗い色調で処理される。…

※「繡箔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android