コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縛り首 シバリクビ

大辞林 第三版の解説

しばりくび【縛り首】

縄で首を絞めて殺す刑。絞首刑。
武家時代の刑罰の一。罪人の両手を後ろで縛り、首を差し出させて切った刑。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

縛り首
しばりくび

日本の戦国時代に行われた刑罰の一種。罪人の両手を後方で縛り、その首を前方に引き出して切るという方法で行われた。なお一般には絞首刑と同義に使われることもある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

縛り首の関連キーワードジョージ・C. スコットスー グラフトンポルトガル文学阿部一族武家時代ビアス縊る

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android