コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縛り首 シバリクビ

大辞林 第三版の解説

しばりくび【縛り首】

縄で首を絞めて殺す刑。絞首刑。
武家時代の刑罰の一。罪人の両手を後ろで縛り、首を差し出させて切った刑。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

縛り首
しばりくび

日本の戦国時代に行われた刑罰の一種。罪人の両手を後方で縛り、その首を前方に引き出して切るという方法で行われた。なお一般には絞首刑と同義に使われることもある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

縛り首の関連キーワードジョージ・C. スコットスー グラフトンポルトガル文学阿部一族武家時代ビアス縊る

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縛り首の関連情報