縛り首(読み)シバリクビ

大辞林 第三版の解説

しばりくび【縛り首】

縄で首を絞めて殺す刑。絞首刑。
武家時代の刑罰の一。罪人の両手を後ろで縛り、首を差し出させて切った刑。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

縛り首
しばりくび

日本の戦国時代に行われた刑罰の一種。罪人の両手を後方で縛り、その首を前方に引き出して切るという方法で行われた。なお一般には絞首刑と同義に使われることもある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縛り首の関連情報