縮緬雑魚(読み)チリメンザコ

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ちりめんじゃこ【縮緬雑魚】

いわし、特にかたくちいわしの稚魚を、塩ゆでにして干したもの。同様のものにしらす干しがあるが、ちりめんじゃこはこれよりも干す時間が長く、乾いたものをいうことが多い。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちりめん‐ざこ【縮緬雑魚】

〘名〙 カタクチイワシの稚魚を煮て干したもの。ちりめんじゃこ。ちりめんぼし。《・春》
※俳諧・七車集(1694か)「半月は江口の里に船留て〈尺艸〉 縮緬雑魚に覆ふ夏草〈横九〉」

ちりめん‐じゃこ【縮緬雑魚】

〘名〙 =ちりめんざこ(縮緬雑魚)《季・春》
咄本・咲顔福の門(1732)一「ヤア一升とは、なんの事でござる、ハテちりめんしゃこサ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縮緬雑魚の関連情報