繁文縟礼(読み)はんぶんじょくれい

四字熟語を知る辞典「繁文縟礼」の解説

繁文縟礼

規則礼儀作法などが、こまごまとしていて、煩わしいこと。無用の虚礼

[使用例] 繁文縟礼が旧のままであったら、そのために苦しむものは地方の人民であったからで[島崎藤村夜明け前|1932~35]

[使用例] 西洋文明の本質たる科学を正視し究明する勇気無く、学生には相も変わらずはっぶんなどいわゆる繁文縟礼の学問を奨励して[太宰治*惜別|1945]

[解説] 「繁文」は規則などが多くて煩わしいこと。「縟礼」はごたごたとして煩わしい礼儀。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「繁文縟礼」の解説

はんぶん‐じょくれい【繁文縟礼】

〘名〙 規則や礼儀作法などが、こまごまとして煩わしいこと。無用の虚礼。繁文縟節。繁縟
※大日本膨脹論(1894)〈徳富蘇峰〉征清の真意義「文明病とは何物ぞ。〈略〉制度の上に於ては、繁文縟礼を意味し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「繁文縟礼」の解説

はんぶん‐じょくれい【繁文×縟礼】

規則・手続き・礼儀作法などが、こまごまとして煩わしいこと。繁縟。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android