コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織田信敏 おだ のぶとし

1件 の用語解説(織田信敏の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

織田信敏 おだ-のぶとし

1853-1901 幕末-明治時代の大名,華族。
嘉永(かえい)6年10月19日生まれ。織田信学(のぶみち)の子。慶応4年出羽(でわ)天童藩(山形県)藩主織田家3代となる。戊辰(ぼしん)戦争に際し奥羽鎮撫使の先導役をつとめる。のち奥羽越列藩同盟にくわわったが降伏,隠居する。跡をついだ弟寿重丸(すえまる)が幼少のため,特命をうけて明治2年藩知事となった。子爵。明治34年6月6日死去。49歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

織田信敏の関連キーワード徳川家慶専修大学正岡子規コック=ブロンホフ聖地管理問題福山藩北欧美術明治維新大日本古文書蝶々夫人

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone