コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織田信敏 おだ のぶとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

織田信敏 おだ-のぶとし

1853-1901 幕末-明治時代の大名,華族。
嘉永(かえい)6年10月19日生まれ。織田信学(のぶみち)の子。慶応4年出羽(でわ)天童藩(山形県)藩主織田家3代となる。戊辰(ぼしん)戦争に際し奥羽鎮撫使の先導役をつとめる。のち奥羽越列藩同盟にくわわったが降伏,隠居する。跡をついだ弟寿重丸(すえまる)が幼少のため,特命をうけて明治2年藩知事となった。子爵。明治34年6月6日死去。49歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

織田信敏の関連キーワード織田 信恒河尻秀隆織田信恒

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android