織田晃之祐(読み)おだ こうのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

織田晃之祐 おだ-こうのすけ

1939- 昭和後期-平成時代の効果クリエーター。
昭和14年4月12日生まれ。東京放送効果団をへて,昭和38年NHKに入局。「音楽は音響効果の一部」と,みずから作曲,演奏,編集をこなし,独特の音響効果をあげる。おもな作品に「未来への遺産」「日曜美術館」「四季・ユートピアノ」など。東京出身。北園高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android