コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織田秀親 おだ ひでちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

織田秀親 おだ-ひでちか

1662-1709 江戸時代前期の大名。
寛文2年11月5日生まれ。織田秀一(ひでかず)の子。貞享(じょうきょう)4年大和(奈良県)柳本藩主織田家4代となる。宝永6年将軍徳川綱吉の法会に際し大准后使馳走役に任じられたが,同年2月16日上野寛永寺の宿坊で加賀(石川県)大聖寺新田(だいしょうじしんでん)藩主前田利昌に刺殺された。48歳。初名は長昌(ながまさ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

織田秀親の関連キーワード前田利昌(2)織田秀行

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android