コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織田秀親 おだ ひでちか

1件 の用語解説(織田秀親の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

織田秀親 おだ-ひでちか

1662-1709 江戸時代前期の大名。
寛文2年11月5日生まれ。織田秀一(ひでかず)の子。貞享(じょうきょう)4年大和(奈良県)柳本藩主織田家4代となる。宝永6年将軍徳川綱吉の法会に際し大准后使馳走役に任じられたが,同年2月16日上野寛永寺の宿坊で加賀(石川県)大聖寺新田(だいしょうじしんでん)藩主前田利昌に刺殺された。48歳。初名は長昌(ながまさ)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

織田秀親の関連キーワード徳川家宣徳川綱吉元禄時代東山天皇徳川綱吉東山天皇徳川綱吉東山天皇徳川家宣徳川家宣

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

織田秀親の関連情報