コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織田荘 おりたのしょう

百科事典マイペディアの解説

織田荘【おりたのしょう】

若狭国三方(みかた)郡東部にあった青蓮(しょうれん)院門跡(もんぜき)領の荘園。現在の福井県美浜(みはま)町北田・佐田・太田・山上付近に比定される。1213年,前天台座主慈円(じえん)が朝仁(ともひと)親王(道覚法親王)に譲渡した門跡領のうちに,常寿(じょうじゅ)院(現京都市左京区)分として〈織田荘,同浦三所〉とみえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おりたのしょう【織田荘】

若狭国三方(みかた)郡東部(現,福井県三方郡美浜町北田,佐田,太田付近)にあった青蓮院門跡領荘園。1265年(文永2)の若狭国惣田数帳写には〈織田庄廿町〉と見え,続く記載から判断して山東・山西両郷にまたがって成立したものと推定される。1213年(建保1)2月,前天台座主慈円が朝仁親王(道覚法親王)に譲進した門跡領諸所のうちに,常寿院分として〈織田庄,同浦三所〉と記されるのが初見。同年4月の慈円所当配分状によると,もと〈半不輸之地〉であったが,院宣により〈一円庄〉とされたとあり,当時の収納分は300余石,うち124石8斗が青蓮院熾盛光(しじようこう)堂の諸仏事用途に充てられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

織田荘の関連キーワード美浜[町]織田信長七条院織田氏下司

織田荘の関連情報