繙く(読み)ヒモトク

デジタル大辞泉「繙く」の解説

ひも‐と・く【×繙く/×紐解く】

[動カ五(四)]
書物ちつのひもを解く》書物を開く。本を読む。「漢籍を―・く」
1から》書物などで調べて真実を明らかにする。「歴史を―・く」
衣服、特に、下紐を解く。
秋風に今か今かと―・きてうら待ちるに月傾きぬ」〈・四三一一〉
つぼみが開く。
「ももくさの花の―・く秋の野を思ひたはれむ人なとがめそ」〈古今・秋上〉
[類語](1読書書見繙読はんどく濫読多読積ん読購読必読併読

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android