繰返開花婦見月(読み)くりかえすかいかのふみづき

精選版 日本国語大辞典の解説

くりかえすかいかのふみづき くりかへすカイクヮのふみづき【繰返開花婦見月】

歌舞伎脚本。世話物。三幕。河竹黙阿彌作。明治七年(一八七四)東京守田座初演。盲目の米屋、舌がもつれて口がきけない牛肉屋、耳のきこえない西洋床屋の三人がからみ合う散切(ざんぎり)物の喜劇。通称「三人片輪」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

繰返開花婦見月
(別題)
くりかえす かいかのふみずき

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
操辺開花帰見月
初演
明治7.7(東京・守田座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android