罅隙(読み)カゲキ

  • ×罅隙
  • こげき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 すきま。われめ。
※済北集(1346頃か)九・答宏知客「唯荒苑苦茗屡寒書篋之罅隙
※即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉琅玕洞「忽ち岩壁に一小罅隙(カゲキ)あるを見る」 〔清異録‐陳設・闘磨大同箪〕
〘名〙
① 物の裂けたところ。さけめ。われめ。亀裂。
※塔(1946)〈福永武彦〉「道は荊棘に覆われた石甃の罅隙(コゲキ)から通じていたという」 〔清異録‐陳設〕
② 雪、または氷河の流動によってできたさけめ。クレバス。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android