羅広斌(読み)らこうひん(英語表記)Lo Guang-bin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「羅広斌」の解説

羅広斌
らこうひん
Lo Guang-bin

[生]1924
[]1967.2
中国の作家。四川省成都市の人。 1945年から中国共産党の地下組織で活動し,48年重慶で中国共産党に入党。解放後は重慶共産主義青年団市委員会常務委員や全国青年連合会委員などをつとめ,63年中国作家協会会員。楊益言共著長編小説紅岩』 (1961) は革命文学の代表作となった。四人組迫害によって死去。ほかに楊益言,劉徳彬との共著で『聖潔的血花』『在烈火中永生』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android