コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅広斌 らこうひんLo Guang-bin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羅広斌
らこうひん
Lo Guang-bin

[生]1924
[没]1967.2
中国の作家。四川省成都市の人。 1945年から中国共産党の地下組織で活動し,48年重慶で中国共産党に入党。解放後は重慶共産主義青年団市委員会常務委員や全国青年連合会委員などをつとめ,63年中国作家協会会員。楊益言と共著の長編小説『紅岩』 (1961) は革命文学の代表作となった。四人組の迫害によって死去。ほかに楊益言,劉徳彬との共著で『聖潔的血花』『在烈火中永生』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

羅広斌の関連キーワード中国共産党革命文学長編小説代表作入党紅岩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android