羈旅歌(読み)きりょか

世界大百科事典 第2版の解説

きりょか【羈旅歌】

旅に触発された種々の感情を主題とする歌。羈(羇)は旅,旅やどりを意味し,羈旅という語は《周礼》《楚辞》などの漢籍にも見えるが,中国では詩の分類用語としてはおもに〈行旅〉の語を用いる。日本で羈旅歌の名称が最初に登場するのは《万葉集》で,旅先の地の景観や家郷,家人への思いを述べた歌を主とし,主要な作品として巻三の柿本人麻呂高市黒人(たけちのくろひと)の羈旅歌8首などがある。また巻七,十二では部類名としても見えているが,雑歌(ぞうか),相聞(そうもん)などの主要な部立の下位分類名として用いられているにすぎず,旅の歌がいまだ独立の部門と意識されていないことを示している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android