コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美川憲一 みかわ けんいち

2件 の用語解説(美川憲一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

美川憲一 みかわ-けんいち

1946- 昭和後期-平成時代の歌手。
昭和21年5月15日生まれ。39年大映のニューフェースとなり,翌年歌手としてデビュー。「柳ケ瀬ブルース」「さそり座の女」などがヒット。女性言葉など独特のキャラクターで人気をえて,タレントとしても活躍。NHK紅白歌合戦での豪華な衣装で注目をあつめる。長野県出身。本名は百瀬由一。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

美川 憲一


芸名
美川 憲一

性別
男性

生年月日
1946/05/15

星座
おうし座

干支
戌年

血液型
A

出身地
長野県

身長
172cm

デビュー年
1965

職種
音楽/タレント・俳優・女優

趣味・特技
美術コレクション

プロフィール
東宝芸能学校を経て、大映ニューフェイスとなる。1965年『だけどだけどだけど』で歌手デビュー。1967年『柳ケ瀬ブルース』の大ヒットで一躍脚光を浴びる。以後、『さそり座の女』を筆頭に次々にヒット曲を飛ばす。その後一時低迷するも、タレントのコロッケのモノマネやCM『タンスにゴン』で特異なキャラクターを前面に出し復活。

デビュー作
シングル『だけど だけど だけど』

代表作品
シングル『柳ヶ瀬ブルース』(1966) / シングル『さそり座の女』(1972) / CDシングル『生きる』(2013)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美川憲一の関連キーワード前田憲一美川〈町〉石川県白山市美川南町美川〈村〉今井憲一歌橋憲一野本憲一三島憲一山県憲一米美川

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

美川憲一の関連情報