コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美松里遺跡 びしょうりいせきMisongni‐yujŏk

世界大百科事典 第2版の解説

びしょうりいせき【美松里遺跡 Misongni‐yujŏk】

朝鮮民主主義人民共和国,平安北道義州郡美松里の鴨緑江下流域の左岸地帯にある石灰岩洞窟遺跡。1954年に発見され,59年に発掘調査された。洞窟は,現在,南側を流れる小川から高さ約16mの所に南側入口の底面がある。入口の天井の高さは約2m,奥行きが15mほどの規模である。主として洞窟内の入口付近に堆積した遺物包含層としては,上・下の2層がある。上層は,黒色腐植土からなり,無文土器(青銅器)時代に属する遺物と遺骨が少なからず出土した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

美松里遺跡の関連キーワード朝鮮民主主義人民共和国

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android