コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美松里遺跡 びしょうりいせき Misongni‐yujŏk

1件 の用語解説(美松里遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

びしょうりいせき【美松里遺跡 Misongni‐yujŏk】

朝鮮民主主義人民共和国,平安北道義州郡美松里の鴨緑江下流域の左岸地帯にある石灰岩洞窟遺跡。1954年に発見され,59年に発掘調査された。洞窟は,現在,南側を流れる小川から高さ約16mの所に南側入口の底面がある。入口の天井の高さは約2m,奥行きが15mほどの規模である。主として洞窟内の入口付近に堆積した遺物包含層としては,上・下の2層がある。上層は,黒色腐植土からなり,無文土器(青銅器)時代に属する遺物と遺骨が少なからず出土した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

美松里遺跡の関連キーワード北朝鮮慈江道朝鮮民主主義人民共和国平安北道雲山新義州人民民主主義羅津脱北北韓

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone