コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美登利・信如 みどり・しんにょ

1件 の用語解説(美登利・信如の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

美登利・信如 みどり・しんにょ

樋口一葉の小説「たけくらべ」の主人公
美登利は吉原の妓楼大黒屋の養女で,やがて娼婦となる運命にある。藤本信如は近所の竜華寺の跡とり息子。ふたりはたがいにひかれあうが,その思いを口にできぬまま,信如は仏門にはいって,別々の道をあゆみだす。小説は明治28-29年「文学界」に連載。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone