群星(読み)グンセイ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐん‐せい【群星】

〘名〙 多くの星。
※人情本・娘太平記操早引(1837‐39)初「時に赫々たる羣星(グンセイ)黒雲に覆はれて光を失ひ」 〔王褒‐善行寺碑文〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の群星の言及

【星】より

…しかし注意すべきは,オリオンの〈三つ星〉と〈小三つ星〉とを合わせて〈むつら・むつぼし〉ということで,岩手,静岡,千葉などの地方で聞かれて,岩手ではこれにつづくシリウス星を〈むづらのあとぼし〉と呼んでいる。 群星(むれぼし)すばるの異名。天明年間(1781‐89)の《雑字類編》に〈昴星(むらぼし)〉とある。…

※「群星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

群星の関連情報