黒雲(読み)クロクモ

大辞林 第三版の解説

くろくも【黒雲】

黒い雲。雨雲。暗雲。こくうん。

こくうん【黒雲】

黒いくも。くろくも。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くろ‐くも【黒雲】

〘名〙
色のこくうん。不吉な雲とされる。
※常陸風土記(717‐724頃)総記「風俗の諺に、筑波岳に黒雲(くろくも)挂り、衣袖(ころもで)(ひたち)の国といふは是なり」
② 物事のさまたげになるもの。覆いかぶさる不安の気持などのたとえにいう。
浄瑠璃・卯月の潤色(1707頃)中「家をくらますくろくもを、はらはば晴るる胸の月」

こく‐うん【黒雲】

〘名〙 黒い雲。黒い雨雲。また、怪しいことなどの起こる前兆として現われるという雲。くろくも。
※古事談(1212‐15頃)五「龍穴之上有黒雲」 〔漢書‐天文志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒雲の関連情報