コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義円(1) ぎえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義円(1) ぎえん

1155-1181 平安時代後期の僧。
久寿2年生まれ。源義朝(よしとも)の子。母は常盤(ときわ)御前。今若(阿野全成(あの-ぜんじょう))の弟。牛若(源義経)の兄。平治(へいじ)の乱で母や兄弟とともに捕らえられるが,助命されて出家。治承(じしょう)4年源頼朝の伊豆(いず)挙兵にくわわり,5年3月10日美濃(みの)(岐阜県)墨俣(すのまた)川で平家軍に討たれた。27歳。幼名は乙若。初名は円成。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

義円(1)の関連キーワード鴨長明養和源義賢後白河天皇近衛天皇アルノルド派建礼門院慈円鴨長明建礼門院

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone