阿野全成(読み)あののぜんせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿野全成
あののぜんせい

[生]?
[没]建仁3(1203).6.23. 下野
鎌倉時代,源義朝の子。母は常盤御前。義経の同腹の兄。幼名今若丸。平治の乱後,死を許されて醍醐寺に入り全成といったが,頼朝の挙兵に呼応し,遠江阿野荘に拠った。建仁3 (1203) 年5月,謀反の疑いで捕えられ,翌月下野で殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿野全成 あの-ぜんじょう

1153-1203 平安後期-鎌倉時代の武将。
仁平(にんびょう)3年生まれ。源義朝の子。母は常盤御前(ときわごぜん)。源義経の兄。阿野時元の父。平治(へいじ)の乱で父が敗死,京都醍醐(だいご)寺の僧となる。治承(じしょう)4年兄源頼朝の挙兵に応じる。のち駿河(するが)(静岡県)阿野にすみ,阿野冠者(あののかじゃ)と称した。建仁(けんにん)3年謀反容疑で捕らえられ,6月23日殺された。51歳。幼名は今若。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

阿野全成

没年:建仁3.6.23(1203.8.1)
生年:仁平3(1153)
鎌倉前期,僧籍の武将。源義朝と常盤の長男。幼名今若。頼朝の異母弟,義経の同母兄。平治の乱(1159)後,醍醐寺で出家して醍醐(悪)禅師全成と称される。治承4(1180)年頼朝の挙兵を聞き直ちに関東に下向,合流。武蔵国長尾寺を与えられ,さらに駿河国阿野を領し阿野法橋と号する。北条時政の娘阿波局を娶り,これが千幡(のちの実朝)の乳母になったことから,頼朝没後は,千幡の擁立をはかる北条氏と2代将軍頼家との対立に巻き込まれたものと思われる。建仁3(1203)年5月,頼家に対する謀反の疑いにより常陸国に配流。翌月下野国で誅殺され,子の頼全も京都で討たれた。墓所は阿野の館跡という大泉寺(沼津市井出)。

(杉橋隆夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あのぜんじょう【阿野全成】

1153?‐1203(仁平3?‐建仁3)
鎌倉初期の武士。源義朝の子。母は常盤。義経の兄,頼朝の異母弟。幼名今若。平治の乱後,醍醐寺に入れられ悪禅師と号した。1180年(治承4)頼朝の挙兵にあたり京都から下向して参加し,駿河国阿野に住した。北条時政の女阿波局(源実朝の乳母)を妻としていたが,1203年謀反の疑いありとして将軍頼家により逮捕されて殺され,ついでその子頼全も京都で殺された。【佐藤 圭】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の阿野全成の言及

【阿波局】より

…北条氏の一員として,1199年(正治1)梶原景時粛清事件のきっかけをつくった。また1203年(建仁3)の阿野全成(頼朝の弟)の謀反・没落も全成の妻であった阿波局が,父時政や姉政子の指示で端緒をつくったとみられる。【小田 雄三】。…

※「阿野全成」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android