コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義村朝明 よしむら ちょうめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義村朝明 よしむら-ちょうめい

1830-1898 琉球の政治家。
尚灝(しょうこう)王27年生まれ。義村按司(あじ)家の尚謙の跡をつぎ,東風平間切(こちんだまぎり)の総地頭となる。琉球処分に反対し,頑固党を指導。亀川盛武(せいぶ)の転向後は党の代表となり,日清(にっしん)戦争時には清(中国)勝利祈願運動を展開した。明治29年清にわたり,31年客死。69歳。唐名(からな)は向志礼(しょう-しれい)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

義村朝明の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門奴隷制廃止運動内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフ民衆を導く自由の女神パーマストン(子)ギゾースタンダールフランス史(年表)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android