義村朝明(読み)よしむら ちょうめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「義村朝明」の解説

義村朝明 よしむら-ちょうめい

1830-1898 琉球の政治家。
尚灝(しょうこう)王27年生まれ。義村按司(あじ)家の尚謙のをつぎ,東風平間切(こちんだまぎり)の総地頭となる。琉球処分に反対し,頑固党を指導。亀川盛武(せいぶ)の転向後は党の代表となり,日清(にっしん)戦争時には清(中国)勝利祈願運動を展開した。明治29年清にわたり,31年客死。69歳。唐名(からな)は向志礼(しょう-しれい)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android