コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義翁盛訓 ぎおう せいくん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義翁盛訓 ぎおう-せいくん

?-1586 戦国-織豊時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。州翁寿欣(しゅうおう-じゅきん)の法をつぎ,総寧寺11世となる。天正(てんしょう)3年北条氏政の援助をうけて,戦乱で焼失していた総寧寺を下総(しもうさ)関宿(千葉県)に再建した。天正14年5月6日死去。法名は星訓ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

義翁盛訓の関連キーワード織豊時代曹洞

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android