コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽太 ハタ

大辞林 第三版の解説

はた【羽太】

スズキ目ハタ科のユカタハタ属・マハタ属などに属する海魚の総称。全長20~100センチメートル。体は長楕円形で側扁し、頭部と口がやや大きい。日本近海に約60種が知られ、水産上重要な種も多い。マハタ・クエ・アカハタ・ホウキハタなど、多くは食用となる。温帯から熱帯の岩礁域に広く分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

羽太 (ハタ)

動物。ハタ科に属する海水魚の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

羽太の関連キーワード国際放射線防護委員会(ICRP)柳家 権太楼(1代目)富士田 吉次(2代目)市川 段四郎(2代目)柳家 権太楼(初代)富士田吉治(2代)豊竹湊太夫(5代)市川段四郎(2代)竹沢平八(2代)放射線遺伝学若見 虎治富山元十郎水木 歌澄市川段四郎西郷(村)井坂徳辰橘 抱舟若見虎治休明光記馬場正通

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android