コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽賀井一心斎 はがい いっしんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

羽賀井一心斎 はがい-いっしんさい

?-? 江戸時代前期の剣術家。
新陰流をまなび,17歳で山形藩主最上義光(1546-1614)の近侍となる。家老最上民部の謀反の計画を知り一族を殺して脱藩。のち備中(びっちゅう)(岡山県)飯山で道場をひらく。弟子に柳生宗冬がいたという。出羽(でわ)田川郡(山形県)出身。通称は平馬,浅右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

羽賀井一心斎の関連キーワード磯端伴蔵新陰流