コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翼面荷重 よくめんかじゅう

2件 の用語解説(翼面荷重の意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

翼面荷重

翼にかかる重量を1㎡あたりであらわしたもの。総重量を翼面積で割ることにより算出する。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

よくめんかじゅう【翼面荷重 wing loading】

飛行機の総重量を主翼の面積で割った値で,単位はふつうkgf/m2を使う。すなわち,主翼の1m2あたりが支える機の目方を表している。大型機や高速機の翼面荷重は300~800kgf/m2,軽飛行機は50~300kgf/m2程度。翼面荷重は着陸速度,運動性などに関係する。一般に翼面荷重を大きくするということは面積の小さい主翼を用いることであり,空気抵抗と機体の自重が減って,高速で経済的に飛ぶのに有利になり,また乱気流による揺れも少なくなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の翼面荷重の言及

【飛行機】より

…このように離陸の場合も着陸の場合も,その性能は失速速度によって決まり,失速速度の小さいものほど,加速あるいは減速のための距離,したがって滑走路長が短くてすむことがわかる。
[翼面荷重と高揚力装置]
 飛行機の失速速度を小さくするにはどうしたらよいか。第1に飛行機の総重量のわりに翼面積を大きくして発生できる揚力を増す,つまり総重量を翼面積で割った値(翼面荷重)を小さくすればよいことは直観的に理解される。…

※「翼面荷重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

翼面荷重の関連キーワード補助翼主翼総重量エルロン高翼飛行機一回仕事当量指数クラークの体表面積法則心指数オーバーキャノピー許容飛行重量

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone