コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老人学 ロウジンガク

百科事典マイペディアの解説

老人学【ろうじんがく】

老化の肉体的,心理的,社会的,経済的な側面を研究する学問で,英語でgerontologyという。平均寿命の上昇と高齢化社会の到来にともない,1940年代ごろから米国などで発達した。 年齢とともに増えてくる慢性病や障害,収入の減少,社会的な孤立,鬱(うつ)状態,自尊心の減退などの老化問題や,そのプロセスを研究することで,明るい老後を実現させることを目的としている。老人学の扱う分野は退職前の計画,旅行,教育,運動,栄養,住宅,カウンセリングなど幅広い。 米国,英国,カナダ,オーストラリアなど多くの大学で学士修士,博士の各課程を設けているが,日本の大学にはまだない(1996年度文部省調べ)。今後,ますます高齢化が進むなかで,老人問題に精通した専門家や,高齢者の個別のニーズに応える人材を育成するために,老人学への期待は高まっている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

老人学の関連キーワードジョレス メドヴェージェフ毒蝮三太夫老年学

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android