老人福祉施設(読み)ろうじんふくししせつ

  • ろうじんふくししせつ ラウジン‥
  • ろうじんふくししせつ〔ラウジンフクシ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高齢者の福祉をはかる施設総称老人福祉法に規定されたものとして以下の種類がある。(1) 特別養護老人ホーム 65歳以上で身体上・精神上の著しい障害のため常時介護を必要とし,居宅でこれを受けることが困難な者を収容し養護する。介護保険法では指定介護老人福祉施設。(2) 養護老人ホーム 65歳以上で経済上の理由により居宅で養護を受けることが困難な者を収容し養護する。(3) 軽費老人ホーム 低額料金で食事その他のサービスを行なう。ケアハウスなど。(4) 老人福祉センター 無料または低額で各種相談に応じるとともに健康増進教養の向上,レクリエーション便宜などを総合的に供与する。(5) 老人デイサービスセンター デイケアサービスを行なう通所介護施設。(6) 老人短期入所施設 ショートステイのための施設。(7) 老人介護支援センター 相談・情報提供・連絡調整を行なう。いずれも設置および管理運営は各都道府県,市町村社会福祉法人など。また一般に老人ホームとは (1) (2) (3)のほか,民間の有料老人ホーム老人保健施設グループホームなどをさすことが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

老人福祉法に基づく、高齢者の福祉のための施設。養護老人ホーム・特別養護老人ホームなどの入所施設と老人福祉センター・デイサービスセンターなどの通所による利用施設とがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 老人福祉法に基づいて設けられる福祉施設。養護老人ホーム・老人福祉センターなど。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

老人福祉施設の関連情報