養護(読み)ようご

精選版 日本国語大辞典の解説

よう‐ご ヤウ‥【養護】

〘名〙
① やしない世話をすること。〔易林本節用集(1597)〕 〔符載‐賀州刺史武府君墓誌銘〕
② 学校教育で、一般の児童・生徒の保健について配慮すること。
※国民学校令(昭和一六年)(1941)一七条「養護訓導は学校長の命を承け児童の養護を掌る」
③ 特に保護を必要とする児童・生徒を保護し教育すること。
※生活保護法(1950)三八条「更生施設は、身体上又は精神上の理由により養護及び補導を必要とする要保護者を収容して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よう‐ご〔ヤウ‐〕【養護】

[名](スル)
養い守ること。
児童・生徒の健康を保護し、その成長を助けること。
特に、保護を必要とする児童などを、特別な施設によって教育すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android