老年精神医学(読み)ろうねんせいしんいがく(英語表記)psychogeriatrics

世界大百科事典 第2版の解説

ろうねんせいしんいがく【老年精神医学 psychogeriatrics】

老年期に入ってから起こる種々の精神的問題や精神障害を研究対象とする精神医学の一分野。児童精神医学とともに一般精神医学から独立する傾向にある。老年精神医学で取り扱う対象は,健康老年者に起こる生理的ぼけや老年者に特有の心性に発する対社会的問題に対処する精神衛生面から,青壮年期に発症し老年期に及んでいる精神障害や老年期に発症する精神障害の診断・治療等まで広範な領域を含んでいる。長寿者が増加し,老齢化社会の急速な進行とともに,老人の社会的処遇の遅れが目立つ昨今では,老人の自殺も多く,これも老年精神医学の対象となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

老年精神医学の関連情報