コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老年期 ろうねんきsenescence

翻訳|senescence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老年期
ろうねんき
senescence

WHO (世界保健機関) では,45歳以上を初老期 (または向老期。女性の場合は更年期) ,65歳以上を老年期 (または高齢期) としているが,身体的,精神的な老化の進み方は個人差が著しい。一般に,環境変化に対する適応性が減り,情緒的不安定,記憶力減退,知的機能の低下が生じ,周囲への好奇心が減少して,自己中心的な傾向が強くなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ろうねん‐き〔ラウネン‐〕【老年期】

年をとって、精神的、身体的に環境の変化に対する適応能力が減退する時期

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうねんき【老年期】

年をとって、肉体的・精神的な衰えが種々な形であらわれる時期。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

老年期
ろうねんき

学術用語として厳密に定義されているわけではないが、おおむね60歳以降、ときによって70歳以降の年代をいう。しかし、夏目漱石(そうせき)はかつて50歳を過ぎてすでに自らを老人と称し、S・フロイトも同様な感想を残している。老年期の観念は時代により社会によって異なるので、絶対的に定められるものではない。現代のように寿命が延びそれに応じて社会的活動期間も長くなれば、老年期も当然、より後の年代に移されていく。また、諸種の身体的・精神的機能はすべて一律に衰えていくわけではない。たとえば、話しことばの獲得能力はほぼ4、5歳で頂点に達し、12、13歳以降は急速に衰えていくと考えられている。一方、十分に習熟した能力、たとえば画家としての才能などはかならずしも年齢によって左右されない。また、就学期間が長いほど、加齢による知能の低下度は小さい。このように、機能や到達度によってその絶頂期や衰退期の差は大きい。また、同一機能の頂点や老衰の年齢にも個人ごとに差がある。このようなさまざまの差異を考慮に入れると、老年期の定義はさらにむずかしくなる。[藤永 保]

老年期の役割と生きがいの自覚

このような個人差に拍車をかけるものとして、老人の役割あるいは生きがいの問題がある。1960~1970年代のアメリカにおける研究によると、老人ホームにあって十分な世話を受けている老人に対し、画一的生活を強要するのをやめて、自分の選択を許し、社会的事項についての責任をもたせると、活気を回復し死亡率も低下するなどの顕著な変化が認められた。また、日本における試みでも、老年期における算数の再学習が、いわゆるボケ防止に効果が大きいことがみいだされている。配偶者を失った高齢者は急速に衰えていくことが多い。生きがい感や有能感の喪失は、物質的貧困と並んで老年期の心身の健康に影響するところが大きいといえる。
 しかし、以上を考慮しても、なおかつ加齢とともに心身諸機能の衰退はある程度避けられず、これに伴って苦痛、猜疑(さいぎ)、悲哀などの感情が迫ってくるのもやむをえない。初老期以降、老人性うつ病の比率が増し、とくに責任感の強いストレス過剰型のタイプの人に危険が大きい。このことは、自らの衰えを自覚すると、責任感の強い人ほど無力感や自尊心の障害に悩むことをよく示している。自己の状態に相応した適切な能力の発揮と自己充足感は、老年期には生きがいの源泉としてとくに重要である。かつての多世代同居家族の時代には、親類縁者との対人関係や交際行事も多く、また地域社会の伝統的習俗や暗黙の規範の習得などにも煩瑣(はんさ)なものがあり、これらについての老人の社会的知識は貴重であった。さらに、家族内でも、家業についての技能の伝達や子育ての知恵など、老人の体験や能力が尊重されていた。しかし、現在の核家族のもとではこのような状況はほぼ失われ、老人は「役割を失った人」とよばれる。このような現状が老衰を加速することを、老人の周りの人々もよく認識して、衣食住の世話以外にも老人の適切な処遇と環境整備に配慮しなければならない。社会的支援の態勢整備も望まれる。とくに日本の現状では、この必要は大きい。[藤永 保]
『一番ケ瀬康子他編『老年学事典』(1989・ミネルヴァ書房) ▽柴田博他編著『老年学入門――学際的アプローチ』(1993・川島書店) ▽佐藤隆二他編『人間の発達と臨床心理学6 老年期の臨床心理学』(1994・駿河台出版社) ▽氏原寛・山中康裕編『老年期のこころ――男の本音 女の真実』(1994・ミネルヴァ書房) ▽岡本祐子著『中年からのアイデンティティ発達の心理学――成人期・老年期の心の発達と共に生きることの意味』(1997・ナカニシヤ出版) ▽下仲順子編『現代心理学シリーズ4 老年心理学』(1997・培風館) ▽エリク・H・エリクソン他著、朝長正徳・朝長梨枝子訳『老年期――生き生きしたかかわりあい』新装版(1997・みすず書房) ▽I・ロソー著、嵯峨座晴夫監訳『高齢者の社会学』新装版(1998・早稲田大学出版部) ▽三浦規他監修『老年期のケア』(1998・インターメディカ) ▽今田寛・八木昭宏監修、山本利和編『現代心理学シリーズ7 発達心理学』(1999・培風館) ▽折茂肇他編『新老年学』(1999・東京大学出版会) ▽藤村邦博他編著『青年期以降の発達心理学――自分らしく生き、老いるために』(2000・北大路書房) ▽染谷俶子編『老いと家族――変貌する高齢者と家族』(2000・ミネルヴァ書房) ▽E・H・エリクソン、J・M・エリクソン著、村瀬孝雄・近藤邦夫訳『ライフサイクル、その完結』増補版(2001・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

老年期の関連キーワードアルツハイマー型老年認知症アルツハイマー型認知症チャリョン(車嶺)山脈レビー小体型認知症老年期痴呆治療剤ジェロントロジーライフステージ高齢者のうつ病骨粗鬆症治療剤老人性認知症老年精神障害老年期精神病老年精神医学カルスト地形老年精神病杉村 春三段階の法則壮年期地形阿武隈高地マレー半島

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android