耐火モルタル(読み)たいかモルタル

世界大百科事典 第2版の解説

たいかモルタル【耐火モルタル refractory mortar】

耐火煉瓦を積む場合の接着剤として使用される目地材料。一般に使用する耐火煉瓦と同質の耐火物粉末を用いるので,その種類は多く,用途・使用目的により使いわける。熱硬化性耐火モルタル(可塑性粘土を配合したもので,加熱によって硬化する一般のもの),気硬性耐火モルタル(ケイ酸ナトリウムなどを結合剤として配合したもので,常温で硬化する),水硬性耐火モルタル(アルミナセメントのような水硬性セメントを配合したもの)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android