コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不定形耐火物 ふていけいたいかぶつ

2件 の用語解説(不定形耐火物の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

不定形耐火物【ふていけいたいかぶつ】

複雑な形状を必要とするときなどに用いる粉末状または練り土状の耐火物の総称。耐火モルタルに代わるものとして発達した。キャスタブル耐火物シャモットあるいは耐火性軽量骨材アルミナセメントを混合したもの),プラスチック耐火物(耐火骨材に耐火粘土などの粘結材を加えて水と練ったもの),耐火ラミング材(プラスチック耐火物類似のものだが,可塑性が小さい),吹付耐火物などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふていけいたいかぶつ【不定形耐火物 unshaped refractory】

粉状あるいは練土状,泥状の状態で使用される耐火物の総称。耐火煉瓦を1個ずつ積み上げて所定の窯炉を築造するには,目地としての耐火モルタルが必要であり,築炉に多くの労力を必要とする。これを鉄筋コンクリートのように流し込んで築造できれば,これらの問題点が解消し,あわせて複雑な煉瓦形状も不要となり,また補修が非常に容易になる。以上のようなことから,近年,不定形耐火物が大きく発展してきた。その製品としての種類は多いが,窯炉への施工方法によって末尾に示すような各種の名称が与えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の不定形耐火物の言及

【耐火物】より

…耐火煉瓦,耐火断熱煉瓦がある。(2)不定形耐火物 一定の形状をもたない非成形耐火物で,施工時に形状が与えられる。キャスタブル耐火物,プラスチック耐火物,吹付耐火物,ラミング耐火物,スリング耐火物,耐火モルタル,その他。…

※「不定形耐火物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

不定形耐火物の関連キーワード開閉器グリース研磨材通常泥状粉状練土生活用水クロシダイトストロマタイト

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone