コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耕土培養 こうどばいよう

世界大百科事典 第2版の解説

こうどばいよう【耕土培養】

農耕地土壌を培い養うことを意味する言葉であるが,1952年に制定された〈耕土培養法案〉に基づく耕土培養事業の実施に伴いひろく日常的に使用されるようになった新語である。 耕土培養事業の主目的は,農耕地土壌生産力の維持増強,とくにさしあたっては,全国に広く分布し,不良土壌の最も重要な原因をなしている酸性土壌,水稲秋落ち田およびリン酸欠乏土壌の防止改善を土壌化学的見地から実施することにある。酸性土壌矯正のため石灰質肥料,ケイ酸質肥料,苦土肥料無機質リン酸肥料を,秋落ち水田改良のため褐鉄鉱・鉄粉・肥鉄土などの含鉄物やケイ酸質肥料を,水稲秋落ち防止のため固形肥料および硫酸塩をほとんど含まない無硫酸根肥料を,リン酸欠乏土壌改良防止のため溶成リン肥や固形肥料などの施用をすすめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報