コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ウルスラの聖遺物箱

1件 の用語解説(聖ウルスラの聖遺物箱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

聖ウルスラの聖遺物箱

ネーデルラントの画家ハンス・メムリンクの作品(1489)。原題《The Shrine of St. Ursula》。初期ネーデルランド絵画の画家メムリンクによる代表作。聖ウルスラローマ巡礼の帰路、ドイツケルンでフン族の襲撃に遭い殉教するまでの六つの場面を、聖遺物箱の側面に描いたもの。ブリュージュ、聖ヨハネ病院所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖ウルスラの聖遺物箱の関連キーワードスウェーリンクネーデルラント楽派ネーデルラント戦争メムリンク快楽の園雪中の狩人ネーデルラント室内管弦楽団ネーデルラントの諺ネーデルラント・フィルハーモニー管弦楽団スヴェーリンク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone