コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ウルスラの聖遺物箱

デジタル大辞泉プラスの解説

聖ウルスラの聖遺物箱

ネーデルラントの画家ハンス・メムリンクの作品(1489)。原題《Ursulaschrijn》。初期ネーデルランド絵画の画家メムリンクによる代表作。聖ウルスラがローマ巡礼の帰路、ドイツのケルンでフン族の襲撃に遭い殉教するまでの六つの場面を聖遺物箱の側面に描いたもの。ブリュージュ、聖ヨハネ病院所蔵。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

聖ウルスラの聖遺物箱の関連キーワードネーデルラント

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android