コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ステパノ門 セイステパノモン

デジタル大辞泉の解説

せいステパノ‐もん【聖ステパノ門】

St. Stephen's Gateパレスチナ地方の古都エルサレムの旧市街(東エルサレム)にある城門の一つ。東側に位置する。名称はこの門の近くで最初の殉教者ステパノが石打ちの刑で殺されたことに由来する。マムルーク朝時代の13世紀に作られた一対のライオンの浮き彫りがあり、ヘブライ語およびアラビア語で「獅子の門」と呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

聖ステパノ門の関連キーワード聖アンナ教会

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android