聖ステパノ門(読み)セイステパノモン

デジタル大辞泉の解説

せいステパノ‐もん【聖ステパノ門】

St. Stephen's Gateパレスチナ地方の古都エルサレムの旧市街(東エルサレム)にある城門の一つ。東側に位置する。名称はこの門の近くで最初の殉教者ステパノが石打ちの刑で殺されたことに由来する。マムルーク朝時代の13世紀に作られた一対のライオンの浮き彫りがあり、ヘブライ語およびアラビア語で「獅子の門」と呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android