コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ペーター教会 せいペーターきょうかい

1件 の用語解説(聖ペーター教会の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいペーターきょうかい【聖ペーター教会】

ドイツ南部、バイエルン州の州都ミュンヘン(München)で最も古い教会。マリエン広場の南側に建っている。Uバーン・Sバーンのマリエンプラッツ駅(Marienplatz)から徒歩2分の場所にある。この教会は、ミュンヘンが市に昇格する前の11世紀前半には、バジリカロマネスク様式の教会としてすでに存在していた。その後13世紀末にゴシック様式に改築され、17世紀に現在の塔がつくられた。第二次世界大戦で戦災を受けて壊滅的な被害を受けたが、1954年に再建された。戦後のミュンヘンの復興は、この教会の再建から始まったという。内部の大祭壇は1730年のもので、祭壇の上の聖ペーター像はエラスムス・グラッサーの1492年の作品である。また、ゴシック芸術の傑作とされるヤン・ポラックフレスコ画などがある。「老ペーター」(Alter Peter)という愛称を持つ、8つの時計と8つの鐘がある高さ92mの塔は、299段の木の階段を使って上ることができる。塔の最上階からはミュンヘン市内を一望でき、空気が澄んだ晴れた日にはアルプスの美しい山々を遠望できる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖ペーター教会の関連キーワードランツフートバイエルン聖ミヒャエル教会ニンフェンブルク城フラウエン教会プリーンホフブロイハウスマリエン広場南ドイツ新聞ミュンヘンマラソン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone