コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ミハイルの黄金ドーム修道院 セイミハイルノオウゴンドームシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

せいミハイル‐の‐おうごんドーム‐しゅうどういん〔‐ワウゴン‐シウダウヰン〕【聖ミハイルの黄金ドーム修道院】

Mykhaylivs'kyi zolotoverkhyi monastyrСвято-Михайлівський Золотоверхий монастир》ウクライナの首都キエフにあるウクライナ正教会の修道院。11世紀に創設。12世紀初頭に、キエフ大公スビャトポルク2世が黄金のドームをもつ大聖堂を建造。その後、モンゴル帝国タタールの攻撃を受けたのち、18世紀にウクライナバロック様式で改築された。ロシア革命後の1930年代に共産党政府により修道院が廃止されたが、旧ソ連崩壊後のウクライナ独立に伴い、現在見られる姿に再建された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

聖ミハイルの黄金ドーム修道院の関連キーワード差分法パンチェン・ラマアルタイの黄金山地アルタイのゴールデンマウンテン黄金山地黄金の門golden mountainアンドリー坂アンドレイ坂ウラジーミル聖堂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android