コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖皐 しょうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖皐 しょうこう

1324-1402 南北朝-室町時代の僧。
正中(しょうちゅう)元年生まれ。真言宗。京都の人。泉涌(せんにゅう)寺の拙叟(せっそう)全珍に師事して真言と律をまなび,その跡をついで住持となる。後光厳(ごこうごん)上皇,後円融天皇,後小松天皇帰依(きえ)をうけ,同寺に竜華院,雲竜院をひらき,泉涌寺如法経(にょほうきょう)書写会をはじめた。応永9年6月27日死去。79歳。俗姓は藤原。字(あざな)は竹巌。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

聖皐の関連キーワード室町時代南北朝正中

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖皐の関連情報