コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建文帝 けんぶんていJian-wen-di; Chien-wênti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建文帝
けんぶんてい
Jian-wen-di; Chien-wênti

[生]洪武16(1383)
[没]建文4(1402)
中国,明朝の第2代皇帝 (在位 1398~1402) 。姓名は朱允ぶん (いんぶん) 。諡は恵帝。洪武 25 (1392) 年皇太子であった父が病死したために皇太孫に立てられ,太祖 (→洪武帝 ) が没すると 16歳で即位し,建文と改元。当時太祖の諸子が王として各地に分封されていたが,帝は黄子澄,方孝孺らと帝権の発揚をはかる一方,諸王の地を削り,その勢力を圧迫した。そのため建文1 (99) 年燕王朱棣 (てい) は靖難の変を起し,同4年京師を陥れて帝位を奪い,即位して永楽帝となった。建文帝はこのとき焚死したと伝えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんぶんてい【建文帝 Jiàn wén dì】

1383‐1402
朝第2代の皇帝。在位1398‐1402年。姓は朱,名は允炆,諡号(しごう)は恵皇帝,年号により建文帝とよばれる。父親懿文皇太子の死後,皇太孫となり,即位後,各地に分封されていた太祖の諸子の廃絶を強行したが,北平(北京)にあった燕王(のちの永楽帝)の反抗にあい,靖難の変がおこった。1402年(建文4)京師(南京)落城の際,兵火のなかに死去した。【寺田 隆信】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けんぶんてい【建文帝】

1377~1402) 中国、明の第二代皇帝(在位1398~1402)。諡おくりなは恵帝。洪武帝の孫。側近の進言により、一族諸王の削藩を強行、このため靖難の変を引き起こした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建文帝
けんぶんてい
(1383―1402)

中国、明(みん)朝第2代皇帝(在位1398~1402)。姓名は朱(しゅいんぶん)。諡号(しごう)は恵帝。年号により建文帝とよばれる。太祖朱元璋(しゅげんしょう)の孫、懿文(いぶん)皇太子の次子。1392年、皇太子であった父が死去したあと皇太孫となり、98年に太祖が没すると帝位を継いだ。即位の直後から、側近と謀って、各地に王として分封されていた太祖の諸子の廃絶を強行した。そのため、北平(北京(ペキン))にあった燕(えん)王(永楽帝)は挙兵し、いわゆる靖難(せいなん)の変が起こった。4年間の戦闘ののち、1402年6月、燕王に京師(けいし)(南京(ナンキン))を攻略され、落城にあたり兵火に身を投じて死去した。[寺田隆信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の建文帝の言及

【靖難の変】より

…その数は最終的には25にのぼった。ところが,太祖のあとをうけた建文帝は,側近の議をいれ,これら諸王の勢力を排除する政策をとり,周王・湘王・斉王・代王・岷王らが次々と犠牲になった。これをみて,北平(北京)にあった燕王は,削藩の計が自分にもおよぶのを察知して1399年(建文1)7月兵を挙げた。…

※「建文帝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

建文帝の関連キーワード運命(幸田露伴の史伝)明の時代(年表)恵帝(明)永楽通宝足利義満楊士奇洪煕帝側近進言恵帝靖難東廠運命宦官

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android