コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建文帝 けんぶんてい Jian-wen-di; Chien-wênti

4件 の用語解説(建文帝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建文帝
けんぶんてい
Jian-wen-di; Chien-wênti

[生]洪武16(1383)
[没]建文4(1402)
中国,明朝の第2代皇帝 (在位 1398~1402) 。姓名は朱允ぶん (いんぶん) 。諡は恵帝。洪武 25 (1392) 年皇太子であった父が病死したために皇太孫に立てられ,太祖 (→洪武帝 ) が没すると 16歳で即位し,建文と改元。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けんぶんてい【建文帝 Jiàn wén dì】

1383‐1402
明朝第2代の皇帝。在位1398‐1402年。姓は朱,名は允炆,諡号(しごう)は恵皇帝,年号により建文帝とよばれる。父親懿文皇太子の死後,皇太孫となり,即位後,各地に分封されていた太祖の諸子の廃絶を強行したが,北平(北京)にあった燕王(のちの永楽帝)の反抗にあい,靖難の変がおこった。1402年(建文4)京師(南京)落城の際,兵火のなかに死去した。【寺田 隆信】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けんぶんてい【建文帝】

1377~1402) 中国、明の第二代皇帝(在位1398~1402)。諡おくりなは恵帝。洪武帝の孫。側近の進言により、一族諸王の削藩を強行、このため靖難の変を引き起こした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建文帝
けんぶんてい
(1383―1402)

中国、明(みん)朝第2代皇帝(在位1398~1402)。姓名は朱(しゅいんぶん)。諡号(しごう)は恵帝。年号により建文帝とよばれる。太祖朱元璋(しゅげんしょう)の孫、懿文(いぶん)皇太子の次子。1392年、皇太子であった父が死去したあと皇太孫となり、98年に太祖が没すると帝位を継いだ。即位の直後から、側近と謀って、各地に王として分封されていた太祖の諸子の廃絶を強行した。そのため、北平(北京(ペキン))にあった燕(えん)王(永楽帝)は挙兵し、いわゆる靖難(せいなん)の変が起こった。4年間の戦闘ののち、1402年6月、燕王に京師(けいし)(南京(ナンキン))を攻略され、落城にあたり兵火に身を投じて死去した。[寺田隆信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の建文帝の言及

【靖難の変】より

…その数は最終的には25にのぼった。ところが,太祖のあとをうけた建文帝は,側近の議をいれ,これら諸王の勢力を排除する政策をとり,周王・湘王・斉王・代王・岷王らが次々と犠牲になった。これをみて,北平(北京)にあった燕王は,削藩の計が自分にもおよぶのを察知して1399年(建文1)7月兵を挙げた。…

※「建文帝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

建文帝の関連キーワード明朝体宣宗皇帝永楽帝光緒帝朱元璋万暦帝雍正帝明朝忽必烈マルクスアウレリウスアントニヌス

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

建文帝の関連情報