コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖雲法親王 しょううんほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖雲法親王 しょううんほうしんのう

1271-1314 鎌倉時代,亀山天皇の第9皇子。
文永8年生まれ。母は三条局(つぼね)。遍智院宮とよばれた。醍醐(だいご)寺の実勝(じっしょう)のもとで出家,親玄(しんげん)から灌頂(かんじょう)をうける。醍醐寺座主(ざす)を2度つとめた。正和(しょうわ)3年6月15日死去。44歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

聖雲法親王の関連キーワード元(中国の王朝)クレメンスクレメンスフィリップフィリップクリフォード(男家)フィリップ4世フィリップ[4世]フィリップ(4世)フリードリヒ(美王)

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone