コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親玄 しんげん

2件 の用語解説(親玄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

親玄 しんげん

1249-1322 鎌倉時代の僧。
建長元年生まれ。真言宗。醍醐(だいご)寺の親快に灌頂(かんじょう)をうけ,同寺の地蔵院をつぐ。永仁(えいにん)6年(1298)醍醐寺座主(ざす)となる。のち大僧正,東寺長者。鎌倉滞在中に「親玄僧正日記」をあらわした。元亨(げんこう)2年2月17日死去。74歳。俗姓は久我。著作に「灌頂記」「四種法記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

親玄

没年:元亨2.3.16(1322.4.3)
生年:建長1(1249)
鎌倉末期の真言宗の僧。大納言源通忠の子。醍醐寺覚洞院親快の弟子。親快から同寺の地蔵院を譲られるが,醍醐寺座主をめぐる争いでは傍流だったので,新天地を求めて鎌倉に下る。鎌倉では第8代将軍久明親王や得宗北条貞時に近侍して様々な修法を勤め,その推挙を得て永仁6(1298)年,ついに念願の醍醐寺座主に任じられた。のちに大僧正,東寺長者に上るが鎌倉にとどまることが多かった。正応5(1292)年から永仁2年の鎌倉滞在中の日記が残り,世情不安と加持祈祷明け暮れた当時の鎌倉の様子を詳細に記す。<参考文献>岩橋小弥太「親玄僧正とその日記」(『国史学』2号)

(土谷恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

親玄の関連キーワード弘法大師瑜伽乗院亮深三宝院義演久我通基大納言局(3)源親子(1)源雅親源通方源能俊了遍

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone